外為 category archive

外貨預金を利用する前に知っておきたい知識

0

外貨預金は円を外貨に換えて金融会社に預けることでその外貨の様々なメリットを受けることができます。一番の魅力は金利の高さで、外貨預金を行う人の多くが金利による利息を目的として外貨預金を行っています。外貨は日本の何倍も利息が入ってくるので預けておくだけでもかなりの額が入ってきます。ただ外貨預金には様々な要素がありますので利息にばかり期待して利用するのは危険です。リスクに関して知識を得ておくといいでしょう。

外貨への換金は手数料がかかります。この手数料は曲者で、外貨に換金した後にすぐに円に戻すと手数料の分だけ損をします。利息で収入を得るにしても最低限手数料で減らされた分をプラスにできないと儲けが出ないようになっています。

また為替の変動による通貨の価値も影響します。預けた時が円安状態だった場合は為替差益による損失が発生します。為替の変動は長期的に動きを読むことが難しく、初めて外貨預金を利用する人は気を付けないといけません。

手数料によるマイナスと為替の変動によるリスクを考えたうえで外貨預金を利用するようにしてみましょう。為替の変動は特に大きな影響を与えますので利用する前に為替の動きは注意しておいてください。

外貨預金をするなら円高と円安について知っておこう

0

金利の高さに魅力を感じて外貨預金をして見ようと考えている人がいるかも知れませんが、単純に金利目的で外貨預金を行っても損をするだけです。外貨預金を始めるなら初めに詳しく知っておかないといけないことがあるのです。それが円高、円安です。

為替は2つの通貨の強弱で常に変動をしています。円とドルなら、この2つは経済の影響を受けて常に円の価値が高くなったりドルの価値が高くなったりを繰り返します。1ドル100円だったものが1ドル105円になったときは円安、1ドル95円になったら円高になります。円高と円安を逆に捉えてしまう人がいますが、1ドル換金するのに105円必要になるのはそれだけ円の価値が低く、95円で換金できるという事はそれだけ円の価値が高いという事になります。

この円高、円安について理解しておかないと外貨預金をしても引き出すときに為替差損が生まれてしまうことがあるため気を付けないといけません。1ドル100円のときに預けて、1ドル95円のときに引き出したら5円のマイナスとなりこれが為替差損です。外貨預金は多額のお金を預けるためたった1円の違いが大きな違いになります。円高と円安の関係を知って為替差益が出るような外貨預金をしてみるといいでしょう。